• 検索ボタン ムービーを
    探す
  • カートボタン カートを
    見る

結婚式のエンドロールを自分たちだけで作成しようとお考えの新郎新婦様も近年はとても増えてきています。結婚式のエンドロールは結婚披露宴のエンディング部分で上映されるムービーで、披露宴の最後の締めくくりを担当する映像演出になります。エンドロールを作成することで新郎新婦からゲストへの感謝やお礼の言葉をムービーで伝えることができるため、多くの新郎新婦様がこのエンドロールを作成して上映してます。このページではそんなエンドロールを自分たちで作成する方法と、結婚披露宴での上映に関して注意するべきポイントなどをまとめてご紹介しています。

エンドロール制作におススメのソフト

After Effects

AfterEffectsが結婚式のエンドロール制作にもおすすめなのは、エンドロール用テンプレートがダントツで多いから! さらに体験版のAfterEffectsでも制限なく最後まで編集できるので、無料体験期間に完成させれば0円でとってもお得です。

  • 無料体験版でも最後まで編集OK
    まだ使ってないならもったいないかも
  • 製品版は1か月2,480円(1か月だけの追加購入も可能)
  • エンドロール用のテンプレ―トが豊富で初心者でも簡単

エンドロールを作成する方法

結婚式のエンドロールを自分たちで作成することも出来ます。最近は多くの新郎新婦様が自分たちで作成していて、エンドロールを手軽に作成できるソフトやアプリが様々リリースされています。エンドロールは結婚式の本当の最後の締めの部分の映像演出となるので敷居が高いと考えておられる新郎新婦様もおられますが、しっかりと基本を押さえながら作っていけば初めてでも自分たちだけで作成することが出来ます。エンドロールの作成方法と作成時の注意するポイントなどを見ていきましょう。

基本構成

エンドロールの基本的な構成はとてもシンプルです。一般的にはゲストへの出席の感謝のメッセージから始まり、ゲストの写真をたくさん使いながら個別に一言メッセージを伝えていきます。最後に締めくくりの言葉と共に感謝のメッセージを表示して締めくくるというのが最もスタンダードなパターンのエンドロールとなります。

他にもゲストへの感謝をテーマとしないで、結婚式や披露宴が執り行われるまでに行った様々な準備の様子を写真や動画を使って紹介する結婚式のメイキング動画のようなエンドロールで構成するパターンもあります。どんおような構成でも、感謝>本編スライドショー(動画も)>感謝で締めくくりという基本的な流れは似ています。

自分たちの結婚式の最後をどのように締めくくりたいのかをイメージして最適なエンドロールの構成を選びましょう。

  • 感謝のメッセージから始まり
  • 本編部分ではゲストへのメッセージとスライドショーもしくは結婚式のメイキング映像などを紹介
  • 最後も感謝の言葉で締めくくる

エンドロールの作り方とサンプル

結婚式のエンドロールを自分たちで作成する前に実際に色々なエンドロール参考にしてみると良いでしょう。エンドロールには色々なパターンがあり、出席者一覧の名前をスクロールせずに固定表示させたり、横スクロールで作ったりといった作り方もあります。クレジットの横に表示するスライドショーでは写真を2枚や3枚を同時に表示したりすることでたくさんの写真を紹介することも出来ます。色々なパターンで作成されているエンドロールを見てみましょう。

オーソドックスな画面構成でエンドロールが作成されているサンプルです。反射や光の表現を使って落ち着いた雰囲気と結婚式らしい光を使ったデザインを上手に共存させています。エンドロール特有の縦方向にクレジットをスクロールアニメーションする部分が反射の表現を使って綺麗にデザインされていますが、こういったさりげない反射の表現が美しさを感じさせる1つの要素にもなります。サンプルデータが公開されているので、実際に開いて構造の参考にしてみるのもおススメです。

こちらは写真を2枚ずつ表示していく事で、同じ再生時間でもたくさんの写真を紹介することが出来るエンドロールです。名前のスクロール表示をさせずに固定レイアウトを採用しているので、写真と名前やメッセージの表示が完全に同期できるという点が魅力の1つになります。エンドロールでよくある縦方向に名前がスクロール表示されるレイアウトの場合には、写真が表示されるタイミングに必ずしも名前が画面に表示されるわけではないのでタイミングの同期を図るのがとても難しくなります。

写真の表示タイミングとメッセージや名前の表示タイミングを完全に同期させたい場合にはこういった固定レイアウトも参考に出来ます。

イラストの質感でまとめられたシンプルなエンドロールです。結婚式のエンドロールを作成するときにはテーマ選びも大切になります。エンドロールでは大きく分けて2つ「しっとりと落ち着いた雰囲気で感動的なムードに包まれて作成するエンドロール」と「明るく元気でポジティブな印象のエンドロール」というパターンがあります。こちらはBGM選びにも関係してくる点ですが、明るくて元気で前向きな雰囲気で結婚式のエンディングを演出したいという新郎新婦様は明るくて元気なBGMやデザインを選ぶと良いでしょう。こちらは明るくて前向きな雰囲気で作成するエンドロールの参考デザイン例です。

結婚式のエンドロールは自分たちでも作成できる

結婚式のエンドロールを新郎新婦様たちだけで作成することも可能です。エンドロールとはいっても本編部分は写真を使ったスライドショ-がメインになって作られる場合がほとんどなので、基本的なスライドショーさえ作成できる環境と技術があればエンドロールの作成はそれほど難しくはないでしょう。

しかしエンドロールを自分たちで作成するときには、写真選びやBGM選びだけではなく画面のレイアウトの作り方やデザインの仕方、さらには披露宴会場での上映に関係した映像の規格に起因する問題などいくつか細かい点についても配慮が必要になってきます。単純にエンドロールを作るだけで問題なく全て完結できるケースもありますが、何らかの問題に遭遇するケースもよくあります。エンドロールを自分たちで作成する新郎新婦様はどうぞ時間に余裕をもって前倒しで作成する事をお勧めいたします。

自分たちで作成したエンドロールで素敵な結婚式のエンディングが演出できるといいですね。

思い出に残る素晴らしい結婚式になりますように・・・。

無料素材&テンプレート

AfterEffectsで今すぐ使える無料テンプレート

PowerPointで今すぐ使える無料テンプレート

VideoStudioで今すぐ使える無料テンプレート

無料動画素材

Comments are closed.

Post Navigation