• 検索ボタン ムービーを
    探す
  • カートボタン カートを
    見る

結婚式のエンドロールはスライドショーを中心にシンプルに作成することが出来たけれども、シンプル過ぎていまいち納得がいかないという方もおられます。そんな方は素材を追加して合成し、デザイン的な要素を少し加えてみてはいかがでしょうか?iMovieやムービーメーカーで作成したエンドロールに後から素材を追加して合成することが出来ます。しかも特別な技術はほとんど必要なく、初心者の方でも簡単に出来ます。このページでは自作済みのエンドロールに後から素材を追加合成する方法についてご紹介しています。

自作したエンドロールにキラキラ素材を合成します

ムービーメーカーやiMovieでエンドロールの本編部分は自分で作ることが出来たけれども、追加してもう少し装飾を加えたいという方に向けた内容を掲載しています。素材の追加や合成方法には色々な手法がありますが、このページで紹介している合成方法はとても簡単な方法です。

  • エンドロールは自作済み
  • 後から追加で素材を合成します
  • 初心者でもできる簡単な合成方法を利用します

Nico Visual Effects (Nive)の用意

NIVEのダウンロード

無料で利用できる合成ソフトには[Nive]と[Aviutl]があります。どちらも少し難易度がお高めのソフトの部類には分けられるかもしれませんが、完成したエンドロールに素材を合成する程度であればとても簡単に出来ます。このページではNiveを利用しています。

「ダウンロード」の項目から次へ進みファイルをお好みの場所にダウンロードしましょう。

Niveダウンロード

Niveの起動

Niveのダウンロードが出来たら、ファイルを解凍してフォルダ内を展開します。NicoVisualEffectsというアイコンをダブルクリックすると、それだけでNiveの起動が出来ます。インストール作業は必要ありません。

Niveの起動

起動が出来ました。レイアウトがムービーメーカーやiMovieとは少し異なっていますが、これがNiveの編集画面です。

nive起動画面

素材をエンドロールに合成する準備

プロジェクトの作成

まずは「ファイル」から新規プロジェクトを選択します。合成編集を行うためのプロジェクトを作成していきます。

新規プロジェクト作成

画面サイズ(比率)の設定

「コンポジションの設定」という画面が出てきますので、画面のサイズを既に作成済みのエンドロールと同じサイズに変更しましょう。サイズというのは解像度の事です。

画面のサイズを調整しましょう

時間の長さの設定

長さの調整も行います。作成済みのエンドロールの時間をここで入力しておきましょう。

全体のデュレーションを調整します

コンポジションが作成されました

コンポジションという言葉はあまり聞きなれないかもしれません。編集を行うための領域の事を指す言葉で、合成関連のソフトではよく出てきます。

コンポジションの作成

エンドロールに素材を合成する方法

ここまでで編集の準備が整いましたので、NIVEを使って素材をエンドロールに合成していきます。

Niveへの読み込み

「アイテム」と書かれた小さな画面の中の空白の部分を「右クリック」すると、下の写真のように連鎖的に次の画面案内が出てきますので、「読み込み」から「StandardMediaInput」へと進んでいきます。

合成前のスライドショーを読み込みます

エンドロールの動画データを取り込みます。スライドショーはムービーメーカーで作られた簡単なものです。ここで読み込みが出来ない場合は、Niveが対応していない動画形式である可能性があります。動画の形式を変換して再度取り込んでみましょう。

お好きな動画を読み込みましょう

コンポジションへの読み込み

エンドロールを選択し、下部の「comp1」コンポジションの中にドラッグして放り込みます。タイムライン内に素材を配置すると編集を開始できるようになります。

タイムライン上に配置します

エンドロールに合成したい素材の読み込み

次にエンドロールに合成する素材を取り込んでいきます。既に取り込んであるエンドロールの本編データの読み込みと方法は同じです。

合成したいキラキラ動画素材を読み込みます

素材が手元にない方は以下の無料練習用素材をお使いください。

キラキラ 星 水色

キラキラ 星型 ピンク色

走り抜けるキラキラ 星型 緑

コンポジション内に配置します

合成用の素材もタイムラインにドラッグして配置します。タイムライン上で下に配置されている素材は、画面上でも下に配置されます。合成素材は上に配置する必要があります。前後の関係を整理していきましょう。

素材が読み込まれましたが、隠れています

前後(上下)の並び順を調整する

エンドロールの前景に素材を持ってくると、以下のように素材が見えるようになります。

タイムライン上で順序を変更します。レイヤーとして扱っていることがわかります

合成素材の黒色背景を取り除く

エンドロールと素材との重なりを理解しやすくするために合成用の素材を少し小さくています。この画面からも前後の重なりの状態を確認できるかと思います。しかしエンドロール用のムービーが黒い部分で隠れてしまっています。この黒い領域を取り除いていきましょう。

これからが合成の大切な部分

合成メニュー

画面下方の「タイムライン」パネルの中を見て、今度は「レンダラの三角を触って」隠れている情報を表示させます。「ブレンド」「シャドウを落とす」「ライトを透過」などが出てきます。このなかの「ブレンド」の横にある「通常」の部分を「クリック」します。

ブレンドの設定を行います

スクリーンか加算を選択

エンドロールに合成したい素材のブレンド方法を「スクリーン」もしくは「加算」に変更します。合成といってもこれだけで完了です。

スクリーンまたは加算を選びます

合成出来ました

黒い背景以外のキラキラの部分のみのエンドロールに追加されたのを確認できます。原理の詳細は合成に興味のある方はさらに追加して勉強していただきたいと思いますが、簡単に一言でいうとスクリーンや加算では数値的に0である黒を0つまり計算上無いものとして扱う為に、以下のように黒い部分だけが簡単に抜けてしまいます。合成を行っている後ろでは様々な計算式があるわけですが、その1つを利用した合成方法という事です。

黒い部分がなくなりました

エンドロールをクオリティアップ

Nico Visual Effects (通称Nive)を使ってエンドロールに素材を合成することが出来ました。今回はキラキラと動く小さな素材だけをエンドロールに合成しましたが、フレームのような画面全体を長時間覆うような素材も活用することが出来ます。

フリー素材を色々なところからダウンロードしてきても、合成方法が分からずに結局使うことが出来ないという方も多くおられますが、キラキラ系の素材であればこの合成方法でかなりの編集をカバーできます。

エンドロールの出来上がりにいまいち納得できていないという方は、色々な素材を合成してみてデザインを変更し、クオリティをさらに上げて試行錯誤してみてはいかがでしょうか?

良いエンドロールが完成するといいですね。編集頑張ってください。

Comments are closed.

Post Navigation