テンプレートなら差し替えるだけ!人気の無料お試しテンプレートダウンロード

このページではVideoPadを使ってスライドショーにトランジションを挿入します

トランジションとは・・・場面切り替え効果のことです。結婚式で生い立ちを紹介するスライドショーなどでは写真と写真をスムーズに切り替えていく為によく利用されます。かつてLiveムービーメーカーが無料で使えていたころにはムービーメーカーで編集作業を行われる方が多かったようですが、ムービーメーカーをダウンロードできずに困っているという方は、VideoPadもひとつの選択肢になるかもしれません。トランジション効果もムービーメーカーと同様に入れられますよ。

VideoPadで以下のようなトランジションを挿入します。

写真と写真がフワッと柔らかく透明度で切り替わるトランジション効果です。ディゾルブやクロスフェード等とも呼ばれます。

スポンサーリンク

VideoPadでトランジションを入れる前に

VideoPad内で既に写真の順序の調整やズーム処理が終わっている段階から編集を行います。まだ写真の取り込みやズーム設定が済んでいない方は、ズーム設定に関してはこちらのページで紹介されていますので、そちらをご参照ください。

ズームの設定についてはこちら

トランジションを追加するボタン

写真と写真の間にある以下のマークを押すと、トランジションの設定が出来ます。写真と写真のつなぎ部分からさがしてボタンをクリックします。

blog_videopad_transition_1

スポンサーリンク

トランジションを選択します

ボタンを押すと、トランジション効果の一覧が表示されますので、中からお好みの切り替え効果(トランジション)を選択して適用します。色々あるので、色々試してみたくなってしまいますが、実際に利用されるのはほとんどがクロスフェードと呼ばれる「透明度で切り替える」トランジションです。(ディゾルブとも呼ばれます)このページではそのクロスフェードトランジションを利用します。
どんなトランジションが搭載されているのか試してみても面白いですので、お好みでどうぞ。

blog_videopad_transition_2

トランジション効果の適用時間を調整します

トランジション効果のためにどの程度時間を取るのか、調整を行います。トランジション効果が挿入されると、タイムラインパネル内に青い(紺色)バーが挿入されます。これがトランジション効果がどの程度の時間かけて追加されるのか、というデュレーション(時間の長さ)設定用のバーになります。このバーの端をドラッグすることで、トランジション効果の時間の長さを調整できます。

blog_videopad_transition_3

シンプルなスライドショーであれば、目安としては1-2秒です。このページの冒頭に掲載していたサンプル動画は1秒でトランジションが設定されています。2秒だとかなりゆっくり目です。この部分は実際に設定してみてテンポや印象の違いを試行錯誤されるのが良いでしょう。編集者の演出技量が試される領域です。

他にもトランジションの長さを設定できるメニューがあります

トランジションを追加するボタンを押した後に表示される、トランジションを選択する画面内で、右下に「再生時間」という項目が表示されています。この部分の再生時間というのは設定するトランジションの再生時間です。タイムライン内の青いバーが選択しづらいといった時には、こちらのメニューボックス内から設定してもよいかも知れません。

blog_videopad_transition_4

スポンサーリンク

写真の表示時間からトランジションの再生時間が引かれる点に注意

VideoPadをインストールしてすぐの時点では、静止画を挿入した時のデフォルトの表示時間が3秒として設定されています。これに対してトランジションを1秒として設定すると、1枚目と2枚目に0.5秒ずつ食い込む形になります。写真の前後にトランジションを挿入する場合には、前側で0.5秒、後ろ側で0.5秒の合計で1秒間、表示時間が短くなることになります。トランジションを後から挿入する場合には、元々挿入してある写真素材が持つ表示時間が削られて短くなってしまうという点に注意する必要があります。

blog_videopad_transition_5

一般的な表示時間

コメントを多く挿入する結婚式のプロフィールムービーでは、一般的な写真の表示時間は6-10秒程度です。その時間確実に画面に表示しておいてコメントをストレス無く呼んでもらうためには、後に削られてしまうトランジション効果の時間分を長くして編集を行っておく必要があります。つまり・・・1秒のトランジションを挿入しつつ、コメントがしっかり読めるように6-10秒の表示時間を確保するのであれば、編集時点での写真フッテージ素材のデュレーション(時間的な長さ)は、7-11秒確保しなくてはならないという事です。後から全ての写真素材の表示時間を調整するというのはかなり面倒なので、予め最適な表示時間に調整しておくと良いと思います。

トランジションを設定する前と後の比較動画

トランジション効果というのは必ずしも必要という訳ではなく、トランジションなしというのもひとつの選択肢です。クロスフェードを入れると柔らかな印象に変化しますが、「元気で明るい印象」でプロフィールムービーを自作したいという場合には、かえって逆効果にもなりかねません。プロフィールムービーを自作する際にVideoPadを活用されるという方は、これらのトランジション効果についても色々試されるとよりよい作品が作れるのではないでしょうか?ご参考にされてください。

人気の無料お試しテンプレートをダウンロード

関連するページ

Comments are closed.

Post Navigation