• HOME HOME
  • pc PCView
  • MyPage MyPage
  • cart Cart
  • CategoeyMenu Category
  • MainMenu Menu

こちらのページではムービーメーカーで写真にズームを加える方法をご紹介しています

ムービーメーカーを使うと生い立ちを紹介するムービーなどに簡単にズームを加えることが出来ます。
このページでは、ムービーメーカーで出来るズームと出来ないズームや、ズームを使ったプロフィールムービーの演出アイデアなどをご紹介できればと思っています。

以下のようなズームを加えます

テンプレートなら差し替えるだけ!まずは無料お試しダウンロード

ズームを適用する方法

まずズームを適用したい写真を選択します。写真の選択が出来たら、上部メニューから「アニメーション」を選択してタブを切り替えます。画面内の右側に表示さる領域が写真そのものに加えるズームやパン(横や縦方向の移動)を加えるためのメニューボックスです。ムービーメーカーでは、この中から「選択する」という編集方法でズームを適用していきます。

blog_moviemaker_zoom_1

希望のズームを選択します

ズームを選択するメニューバーの右下にある「下三角」のマークを押すと、ボックスを広げてズーム効果を一覧として表示することが出来ます。

blog_moviemaker_zoom_2

この内部から、お好みのズームを選択します。

blog_moviemaker_zoom_3

ズームの動きをプレビューする

ムービーメーカーでは、お好みのズーム効果の上にマウスをのせるだけで、自動的にプレビュー画面上でズームの動きがプレビューされます。写真に写っている人物や風景の構図次第で適切なズームアニメーションの動作が代わるので、プレビュー画面を見ながら最適なズームをじっくり選ぶことが出来ます。動作もとっても軽快でサクサク動きます。

blog_moviemaker_zoom_4

写真にまとめてズームを適用する

ムービーメーカーでは一括して全ての写真にまとめてズームを適用できます。プロフィールムービーなどを手作りされる方の中には、とにかく大量に写真を使った編集をされる方も多いようですので、たくさんの写真にまとめてズーム効果を適用できる機能はとても便利です。ズーム選択メニューの右側にある「全てに適用」ボタンを押すと、選択したズーム効果を全ての写真にまとめて適用する事ができます。

blog_moviemaker_zoom_5

まとめて適用するならシンプルなズームがお勧めです

まとめて全ての写真にズームを適用する場合は、画面中央にズームインしていくものと、画面中央からズームアウトしていくタイプの、一番シンプルな動きにしておくと、後々の修正の手間が少なくなります。画面中央の上部に動くズームも違和感無くフィットする写真が多いように思います。

blog_moviemaker_zoom_6

無料動画素材のダウンロードはこちら

¥0 / 本体価格

映画マトリックスのコードのような動画素材。画面を滑り落ちるコードが映画のような雰囲気を作り出します。オープニングムービーの雰囲気作りとして使いやすい素材です。

>>ダウンロードする

ここまでで出来たズーム付きのスライドショー

ひとまず一括で全ての写真にズーム効果を加えて、ズームアニメーションが写真と合わないものだけを個別に修正しました。ほんの数分でスライドショーが作れるのはとても便利です。

ムービーメーカーで出来ないズーム

ムービーメーカーでは「予め用意されたズームアニメーションから選ぶ」というとってもシンプルな操作方法が実装されているので、とても簡単にズームを適用できました。しかし簡単さと引き換えにマニュアルでズームアニメーションを作成する機能は搭載されていませんので、出来ないズーム効果というのももちろんたくさんあります。

ムービーメーカーで出来ないズームとして・・・例えば

出来ないズーム:フェード効果を混ぜて2段階ズームで特定の人物にフォーカス

これもムービーメーカーでは出来ないズーム効果です。複数の人物が写っている写真で、特定の人物だけに大幅にズームアップしていく場合、1段階にズームだと煩わしい動きになってしまいがちなので、2段階でのズームというのもよく行われる手法です。ムービーメーカーでは出来ないズームです。

出来ないズーム:特定の人物だけにハイライトを加えながらズーム

これもムービーメーカーでは出来ないズーム効果です。プロフィールムービーで大勢の人物が写っている写真を使う際には、こういったハイライト効果がよく使われます。こういった効果を使わないと見ている側には誰が誰だかさっぱり分からないので、集合写真には必須のズーム効果ですが、ムービーメーカでは出来ません。

出来ないズーム:大幅に超!!ズーム

こちらもこの手法だけで使うと動きが多すぎて目が付いていけなくなるのであまり多用はお勧め出来ませんが、特定の人物に向かって大幅に超ーーーーズームアップするといった手法もあります。こちらもムービーメーカーでは出来ません。こういった大幅なズームの場合、プロの現場ではフェードや2段階ズームと組み合わせて用いることが多いです。

出来ないズーム:ズームの動きを途中で変更する

こちらは写真の中に秘められたストーリーを際立てる際などに用いられる事があります。写真の内部に写っている人物の「目線」が他の人物に向かっていて、実はこの二人はこの頃から惹かれあっていた事を物語っている・・・といったストーリ性を引き立てる効果があります。こういったズームの途中で動きを変更したりといったズームアニメーションもムービーメーカーでは出来ません。

上記のサンプルズームはAfter Effectsテンプレートなら可能です

NONNOFILMのテンプレートで利用するAfter Effectsでは、上記のような高度なズームアニメーションも個別に加えることが出来ます。体験版のソフトウェアやテンプレートも無料で公開されていますので、ご興味のある方は是非ご利用ください。

ムービーメーカーはシンプルに「ズームを選ぶ」というソフトです

ムービーメーカーはシンプルに「ズームを選ぶ」というソフトですので、上記にあげたように複雑なズームや特定の人物を特定できる程に大幅なズームは出来ません。しかし「選ぶ」という特性はとてもシンプルで簡単で、初心者の方にはとても優しい機能です。初めてだけど自分で結婚式のムービーを手作りしたいという方は、ムービーメーカーを使って効果的なズームを多用したスライドショーを作ってみるのも良い選択肢かと思います。こちらのページの情報がお役に立てれば幸いです。

 

人気の無料お試しテンプレートをダウンロード

関連するページ

Comments are closed.

Post Navigation