• MainMenu Menu
  • CategoeyMenu Download
  • cart Cart
  • MyPage MyPage
  • pc ViewPC
  • HOME HOME

結婚式ムービープロフィールビデオの自作にムービーメーカーを使用しておられる方が、やはりとても多いようですね。
ムービーメーカーを少し触ってみまして、ふと思った点なのですが、セーフティゾーンの表示が・・・出来ない?ようですね。

このセーフティゾーンとは、画面の周囲にコメントや重要な素材を置いたときに、オーバースキャンとの兼ね合いで見えなくなる可能性がある領域を示してくれるものです。
この領域を無視して結婚式ムービープロフィールビデオを作製してしまった場合、当日のプロジェクターでコメントが切れていて読めません・・・という失敗をする可能性が高くなります。

ゆえに、編集の際には「この領域から外にはコメントとか置かないようにしよう」という線引きの表示を頼りに編集していくものなのですが、その表示が出来ない・・・となると、ムービーメーカー使用の方は注意しなくてはいけないようですね。

「上下左右端の20%の領域にはコメントをおかない」ように、目視(もくし)確認で、頑張ってください。

披露宴会場の機器が、全部100%表示のプロジェクターになるといいんですけどね。

人気の無料お試しテンプレートもダウンロード

関連するページ

1.素材の読み込み 2.素材の並び替え 3.トランジション設定 4.タイトルの作成 5.コメントの挿入 6.BGMの挿入 7.動画の書き出し 8.出力した動画の確認 ③結婚式ムー…

1.素材の読み込み 2.素材の並び替え 3.トランジション設定 4.タイトルの作成 5.コメントの挿入 6.BGMの挿入 7.動画の書き出し 8.出力した動画の確認 ⑦結婚式ムー…

DVDに焼いて見たら画面の端が切れる・・・原因は? 「セーフゾーン」が関係しています テレビやプロジェクターには、画面の上下左右を切り取って表示する 「オーバースキャン」と呼ばれる…

1.素材の読み込み 2.素材の全画面表示 3.ズームをつける 4.動画の書き出し ④「境界線の削除」を行います。 1.「境界線の削除」を行い、画面いっぱいに写真が表示されるように…

Comments are closed.

Post Navigation