• HOME HOME
  • pc PCView
  • MyPage MyPage
  • cart Cart
  • CategoeyMenu Category
  • MainMenu Menu

ラスト(最後のあいさつ部分)の構成

最後のあいさつ部分の必要性

最後の挨拶・コメント部分は、映像演出全体をくっきりと1つにまとめあげるのに効果的です。「締め」がはっきりとしていると、「ここで拍手喝采といけばいいわけですね」と、見ている側に終わりがはっきり伝わります。

テンプレートなら差し替えるだけ!まずは無料お試しダウンロード

最後のあいさつの例

1.「この度はお忙しい中ご出席くださり、誠にありがとうございます」
2.「この後も引き続きごゆっくりお楽しみください」
もしくは「まだまだ未熟な私たちですが、これからもどうぞよろしくお願いいたします」
3.「新郎 ○○ 新婦○○ ○○○○年○月○日」
といった締めくくり方が一般的で、丁寧な印象の元に映像演出を終えることができます。

この点はどのような方向性で作っていた映像なのかによっても変わってくる点ですので、映像に合った表現で挨拶を一言述べる程度でよいでしょう。

人気の無料お試しテンプレートをダウンロード

関連するページ

Comments are closed.

Post Navigation