• HOME HOME
  • pc PCView
  • MyPage MyPage
  • cart Cart
  • CategoeyMenu Category
  • MainMenu Menu

冒頭部分の構成

冒頭挨拶 → 本編(2人の生い立ち) → 最後の挨拶という構成が一般的です。

テンプレートなら差し替えるだけ!まずは無料お試しダウンロード

冒頭挨拶の必要性

この部分は、これから2人の生い立ちを紹介するに辺り、見る人の心を整えてあげる意味があります。大抵は、出席者同士でお酒を飲んだり近況を話して盛り上がっているところから、突然映像演出が始まる事になりますので、演出についていけるように、前フリとして挨拶や紹介の文章を挿入するほうが良いでしょう。

冒頭挨拶のポイント

・どんな雰囲気(心持ち)でこの映像を見ればいいのかがはっきり伝わる必要があります。
笑ってみていいものなのか、感動の空気感を保つべきなのか、見ている方もリアクションの方向性を悩む点ですので、「このビデオは面白い雰囲気で行きたい、だからみんな笑って気楽にどうぞ」などの雰囲気を伝えて感情の方向性を一致させてあげることで、ゲストが映像に入り込みやすくなります。
・どんな映像を上映するのかがはっきり伝わる必要があります
この点はとても簡単な点ですが、これから何を伝えようとしているのかが最初に伝わってこないと、見るほうは映像演出についていくことができません。この点は「2人の生い立ちを紹介します」に類するメッセージが入っているだけで、大抵は映像演出の意味を理解できます。

人気の無料お試しテンプレートをダウンロード

関連するページ

Comments are closed.

Post Navigation