• MainMenu Menu
  • CategoeyMenu Download
  • cart Cart
  • MyPage MyPage
  • pc ViewPC
  • HOME HOME

動きに合わせた合成

切り抜き画像を使った編集を行っていく際、背景の動きと合った合成ができると、より一層質の高い映像を作成することが可能です。
反対に、背景の動きと合成素材の動きがあっていない場合には、見ていて違和感を感じます。自然な表現にするために、「動きに合わせた合成」が必要になります。
こちらのページでは一例として、「体部分がダンスする動画素材の動きに合わせて、顔写真を合成する」・・・トラッキングを使用した合成方法の基本をご紹介します。
動きに合わせた合成(トラッキング)

トラッキング機能の活用

映像でいうところのトラッキングとは、「ある特定のポイントやカメラの動きを追跡・解析」すること・・です。
2D的な表現や3D的な表現どちらであっても、動きに合わせて合成が行われないと自然には見えません。動きに合わせて合成を行うために、まずはその動きそのものを追跡・解析してデータ化する作業が必要になります。
※下記の例の動画では、小さな雲の位置をトラッキングしています。
トラッキング 雲

トラッキングの実践

今回使用する、トラッキングできるソフト

高度に合成を行っていく場合にはトラッキング専用のソフトウェアが必要になる場合もありますが、今回こちらのページでは、自作結婚式ムービープロフィールビデオにおすすめできるソフトでもある「VideoStudiover.X6」を利用してトラッキングを行います。
ver.X6からモーショントラッキングの機能が追加されて、よりアレンジの効いた編集が出来るようになりました。

1.トラッキングしたい動画ファイルを読み込み、「モーショントラッキング」ボタンを押します。

VideoStudio内のメインのトラック(一番上)に、トラッキングを行いたい動画ファイルを読み込みます。モーショントラッキングのボタンを押すと、新たにトラッキング用の画面が立ち上がってきます。

VideoStudioでモーショントラッキング

2.動きを追跡したい部分を選択します

画面中央に表示される「赤い丸」を、動きを追跡したいポイントまで移動させます。周囲と色の差がはっきりとわかりやすい点を選択すると、トラッキングの精度が向上します。
トラックポイントの選択

3.範囲の選択が出来たら、モーショントラッキングボタンを押して解析を行います。

ポイントの選択ができたら、「モーショントラッキング」のボタンを押して、トラッキングを開始します。
途中でトラッキングがずれてしまう場合は、トラッキングポイントのカーソルを「エリア」に切り替えるなどして、正確に追跡できる範囲に微調整します。正確にトラッキングできたようであれば、OKを押して閉じます。
モーショントラッキング

4.トラッキングした情報を反映させたい素材を読み込みます。

トラッキングが出来たら、そのトラッキングデータを反映させたい素材(今回であれば、新郎新婦のイラストに載せる顔写真素材)をオーバーレイトラックに読み込みます。右クリックから「モーションの調整」を開くと、先ほどのトラッキングデータを反映させ、かつ微調整が可能です。
モーションの調整

「モーションの調整」を押した時点でトラッキングしたデータが反映されますが、それに加えて「大きさ」「回転」などを自由に調整することも可能です。
任意で好みの動きも加えていきましょう。
新郎トラッキング

5.トラッキングデータは複数作成可能です

今回のような「新郎新婦」2人のイラスト動画素材であれば、新郎だけでなく新婦の動きのデータもトラッキングする必要があります。
再びモーショントラッキングの画面を表示させ、「+」のマークから新たにトラッキングデータを作成します。「新婦トラッキングデータ」などとわかりやすい名前を付けたら、今度は新婦側のイラストからトラッキングを行います。
新婦トラッキング

新婦側の顔写真も、読み込んだ後に「右クリック」「モーションの調整」から、トラッキングデータを適用させます。その際、先ほど新たに作成して名前をつけたトラッキングデータ(図内:[新婦トラッキングデータ])を選択します。
トラッキングデータの選択

これでイラストの動きにあった状態で顔写真を合成することが出来ました。後はタイトルを載せるなり、吹き出しをつけてコメントを出したりと、自由に編集していくことが出来ます。

このように単純な平面的な動きであれば、トラッキングと合成は非常に簡単に行うことが可能です。画面の中にある色々なものの動きをトラッキングして、合成してみると、予想外におもしろい表現が作れる場合もあります。一歩進んだ自作結婚式ムービープロフィールビデオを目指す場合に、こういったトラッキングの機能もおすすめです。

動画素材パックはこちらから

このページで利用されている動画素材は以下のリンクからお求め可能です。
今回のように2D的な平面の動きに合成する場合であれば、簡単かつ短時間で編集することが出来ますので、個性的で面白い自作結婚式ムービープロフィールビデオを作りたいとお考えの方には、是非おすすめです。
是非ご活用ください。


人気の無料お試しテンプレートもダウンロード

関連するページ

1.素材の読み込み 2.素材の並び替え 3.トランジション設定 4.タイトルの作成 5.コメントの挿入 6.BGMの挿入 7.動画の書き出し 8.出力した動画の確認 ③結婚式ムー…

顔は写真で体がイラストやCGになっているオープニングムービーや結婚式の余興用の映像を自作する方法のご紹介です。 ウェディングで上映する自作ビデオの一コマなどに活用してみられてはいか…

1.素材の読み込み 2.素材の並び替え 3.トランジション設定 4.タイトルの作成 5.コメントの挿入 6.BGMの挿入 7.動画の書き出し 8.出力した動画の確認 ④結婚式ムー…

1.素材の読み込み 2.素材の全画面表示 3.ズームをつける 4.動画の書き出し ⑥ズームをつけてアニメーションさせます。 1.「アニメーションのカスタマイズ」を選択します。 2…

Comments are closed.

Post Navigation