• MainMenu Menu
  • CategoeyMenu Download
  • cart Cart
  • MyPage MyPage
  • pc ViewPC
  • HOME HOME

素材の合成③ 合成を行う

合成したいキラキラ動画素材を読み込みます1スライドショー動画ファイルを読み込んだ手順と同じ要領で、合成したいキラキラの動画素材ファイルを読み込みます。

素材が読み込まれましたが、隠れています
2.「アイテム」の画面内で「ダブルクリック」して「タイムライン」の画面に取り込みます。
写真では「sample」という合成前の動画ファイルの「下」にキラキラ素材があります。
現在はピンク色の画面の「下」にキラキラ素材が隠れている状態です。

タイムライン上で順序を変更します。レイヤーとして扱っていることがわかります
3.下の「タイムライン」画面の中で、キラキラ動画素材ファイルをドラッグして「sample」の「上」に持って行きます。
キラキラ素材ファイルが表示されました。ピンクの画面の「上」に動画素材ファイルが配置された状態です。

トランスフォームを設定します
4.わかりやすくするために、キラキラ動画素材ファイルのサイズを一度小さくしてみます。
写真の赤丸部分の「三角をクリック」すると、隠れていた「エフェクト」「レンダラ」「トランスフォーム」「オーディオ」などのプロパティが表示されます。

スケールの調整を行います
5.その中「トランスフォーム」の三角をさらに「クリック」します。
すると、さらにその下に隠れていた「アンカーポイント」「位置」「スケール」「回転」「不透明度」などが出てきます。
サイズを調整したいので、「スケール」の部分を調整します。

ファイルが小さくなりました
6.「スケール」の部分が100となっていたのを、少し小さくしてみました。
すると隠れていたピンクのスライドショー動画が見えてきました。
「重なっている」という考え方が理解できます。

これからが合成の大切な部分
7.しかし現時点では、まだ黒い部分が邪魔で使い物になりません。
ここから黒い部分を見えなくするための操作を行います。

ブレンドの設定を行います
8.画面下方の「タイムライン」パネルの中を見て、今度は「レンダラの三角を触って」隠れている情報を表示させます。
「ブレンド」「シャドウを落とす」「ライトを透過」などが出てきます。
このなかの「ブレンド」の横にある「通常」の部分を「クリック」します。

演算合成のメニューが出てきます
9.演算合成のための項目が出てきます。

スクリーンまたは加算を選びます
10.表現したい色調によっても選択するべき項目は異なりますが、今回はキラキラ部分のみを可視状態にしたいので、「スクリーン」を選択します。

黒い部分がなくなりました
11.黒い背景以外の、キラキラの部分のみの色がスライドショーに足されたのを確認できます。
簡単ですが・・・手順はこれのみです。

位置の調整を行います
12.併せて「位置」の情報も調整してみましょう。
スライドショーにあわせて、きらきらを表示させたい部分に持って行きます。
今回は下方に位置を調整してみます。
「位置」プロパティのY軸に相当する数値を調整します。

画面下方に移動したのが確認できます
13.画面下方にキラキラが移動したのが確認できます。
都合にあわせて、位置を調整しましょう。

人気の無料お試しテンプレートもダウンロード

関連するページ

1.無料ソフトをゲット 2素材の読み込み 3.合成を行う 4.速度の調整 5.複製と配置 6.動画の出力 素材の合成④ 速度の調整 1.写真の「上」にキラキラを配置した後に、タイ…

1.無料ソフトをゲット 2素材の読み込み 3.合成を行う 4.速度の調整 5.複製と配置 6.動画の出力 素材の合成② 素材の読み込み 1.まずは「ファイル」から新規プロジェクト…

1.無料ソフトをゲット 2素材の読み込み 3.合成を行う 4.速度の調整 5.複製と配置 6.動画の出力 素材の合成⑤ 複製と配置 1.一つ一つ背景の黒を抜いて、速度の調整をして…

1.無料ソフトをゲット 2素材の読み込み 3.合成を行う 4.速度の調整 5.複製と配置 6.動画の出力 素材の合成① 無料ソフトをゲット 下記の本編に入る前に・・・。 Nive…

Comments are closed.

Post Navigation