結婚式のプロフィールビデオを自作する際に未だ多くの方が利用される「ウィンドウズLiveムービーメーカー」。
ひとまず写真が動くスライドショーが作れる・・・といった機能しか実際には無いので、ほとんど手の込んだ編集は出来ないのですが、やはり無料ソフトの中では簡単&使いやすいとの事で、利用される方は多いようです。

今回は・・・「ムービーメーカーで一画面で写真を複数枚表示する方法はあるのか・・・?」を考察してみました。

結論から申し上げますと・・・ムービーメーカー単体では出来ません。

残念ながら、ムービーメーカー標準の機能だけでは素材を「重ねる」ための、レイヤーとかオーバーレイといった、「重ねる」ために必要な機能がもともと備わっていないからです。

簡単なソフトは大抵「難しい機能は省いている故に”簡単”」なので、高度?な事はほとんど出来ません。

 

重ねることが出来ない理由を考慮します。

1.ムービーメーカーには一つの階層しか存在しません(写真・動画トラック)

blog_moviemaker_kasaneru_img1

動画素材や、写真素材を複数重ねるためには、複数の素材を「どの時間に」「どこに配置するのか」を、例えば上記の写真のように指定することが出来なければなりません。(上記写真は合成イメージですので、実際には出来ません)
ムービーメーカーをお使いの方は、素材を並べるためのトラックが1つしかない・・・のに、どうやって?複数重ねるの?と考えられたかもしれませんが、この、「素材を並べるためのトラックが1つしかない」という時点で、すでに・・・機能的な限界が存在している・・・ということになります。

例えば、家庭向け有料ソフト:ビデオスタジオであれば、素材を管理するためのトラックはこのように複数存在します。

blog_moviemaker_kasaneru_img2

図では6枚の素材を使用していますが、「どの写真素材を」、「どの時間に」、「どこに配置するのか」・・・を個別に設定することが出来ています。
その機能がムービーメーカーには存在しないという事です。

残念ながらムービーメーカーの限界は結構すぐやってきます

「テキスト以外は重ねられない」訳ですので、必然的に出来る編集は「写真(動画)+コメント」に限られます。
mm-genkai

ムービーメーカーでは複数の写真を一度に表示することは絶対出来ないのか?

別のソフトを使用すれば、めんどくさいですが、一応・・・可能です。

ムービーメーカー“単体”では出来ない、という事ですので、工夫をすれば“ごまかし”編集は可能です。
「ムービーメーカーでは写真・動画用に“1つの階層しか存在しない”」わけですが、その「1つの階層」として、「複数の写真を」取り込めば良いという事です。
つまりは、「複数の写真をあらかじめ1枚の画像としてまとめてしまう」という方法です。

例えば、画像加工・編集ソフトのフリーソフトとして有名なGIMPなどを利用して、このような「一枚の」画像を作成します。blog_moviemaker_kasaneru_img3

この「一枚の画像」をムービーメーカーに取り込んで、動きを少し加えます。

blog_moviemaker_kasaneru_img4

1つの階層しか存在しないという事ですので、1枚の画像ファイルのみを挿入した・・・という形です。
※上記の画像は合成ではありません。
3枚が同時に表示されていますが、ファイルとしては1枚の画像ファイルですので、アニメーションは全体(1枚の画像ファイル)に対して1つのみの設定しか出来ません。
このような“ごまかし”編集ではなく、実際に複数の素材を配置できるソフトウェアであれば、一枚一枚に個別に動きを設定できますので、「動画」として見ても面白い表現を作成することが出来ます。

ムービーメーカーではほんとに初歩的な編集しか出来ません

複数の素材を使って編集することが出来ない・・・という事は、ムービーメーカー単体では、キラキラ素材などがあっても全く意味を成さない・・・という事です。(重ねられませんので)
ムービーメーカー“単体”でプロフィールビデオを自作するのであれば、「ただ単に写真を全画面表示で切り替えるだけのシンプルなスライドショー」で全編を構成しないといけない・・・という事でもあります。

ひとまずシンプルなスライドショーでのプロフィールビデオが作れる・・・というレベルと、様々な素材・FX・3D表現などが盛り込まれたプロが作成する映像作品とには、大きな差が、やはり存在します。

プロみたいな作品が作りたい・・・!だけど断固ムービーメーカーだけで作りたい!という考えが正直あったのですが・・・という方がおられましたら、技術とか発想力の問題ではなく、ムービーメーカーの機能的な問題として不可能ですので、依頼するか、別途ソフトを購入するかなどを真剣に検討されたほうが良いかもしれません。

やはりビデオスタジオの体験版の方がお勧めです。

ビデオスタジオの体験版には機能の制限が無いので、日数制限内に作成を完了することさえ出来れば、本当にお得です。
万が一日数制限を超過してしまった・・・という場合でも、安価な動画編集ソフトの中では1番(?個人的には)使いやすく、バランスの取れたソフトウェアですので、お勧めできます。
もちろん写真の複数枚同時表示も可能で、Ver.X6からはQuickTime動画のアルファにも対応しており、本当にキレイな状態でキラキラ素材を簡単に合成できます。NONNOFILMのアルファ付き素材も、何も考えずに重ねるだけです。

体験版インストール「前」に(日数制限が開始されてしまうので)、素材の用意やコメントの用意を進めておき、インストールと同時に一気に作成を開始すれば、無料でかつある程度のクオリティのあるプロフィールビデオを自作できるはず・・・です。

ムービーメーカーだけで高度な作品を!と考えておられた方は、他の無料ソフトと連携させるなど色々工夫をしておつくりになられることをお勧めします。実際・・・相当工夫をしないとムービーメーカーでは、逆に大変になる可能性は十分にありえると思います。

どうあれ・・・すばらしい作品が作れるといいですね。頑張ってください。

おすすめ無料テンプレート

ビデオスタジオの体験版と合わせて活用すると便利な、プロフィールビデオテンプレートも是非ご活用ください。
>>無料テンプレートはこちらから

Comments are closed.

Post Navigation